JNEA | Japan Nighttime Economy Association

INSTAGRAMINSTAGRAMTWITTERTWITTERFACEBOOKFACEBOOK

観光庁「令和2年度 夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」報告会開催

3月4日(木)、観光庁の主催により、今年度事業「令和2年度 夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」の報告会をウエブセミナー形式で開催いたしました。

観光庁では「夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」として31事業・事業者様を採択し、今年度の事業展開を行ってまいりました。JNEAは、31の採択事業者へのコーチング事業、レポート制作等へ参加いたしました。

今年度の事業は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、各創出事業者と外部有識者である担当コーチとが一体となり、日本の各地域に根付く文化や自然が持つポテンシャルを最大限にすべく、感染拡大防止策を徹底した上で、様々な解決手法を実践してきました。

この過程で得られた実践的知見は、「夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業」の枠組みを超え、将来の反転攻勢にむけての基盤構築、アフターコロナにおける新しい観光施策にとって極めて意味あるものであると考え、オンラインにて成果報告会を開催いたしました。

報告会の様子は、下記U R Lからアーカイブで全編ご覧いただけますので、ぜひ多くの皆様にご覧いただけますと幸いです。

視聴URL  
https://www.sendenkaigi.com/event/kankocho/ 

主なプログラム:【全編3’22’’24】

00’02”11
開会挨拶 (観光庁 観光地域振興部長 村田 茂樹)
00’07”00
創出事業者と外部有識者の担当コーチによるパネルディスカッション
<オープニング>「令和2年度事業について/コーチングについて」
(JNEA) 理事 永谷 亜矢子
00’24”00
パネルディスカッション
●日本農業遺産山古志の棚田・棚池ライトアップと山花火〜山古志のおもてなし
(新潟県長岡市)/●修験道を主にした洞川温泉街の早朝時間活用事業(奈良県吉野郡天川村)/●野沢温泉富裕層向け農LIFE&CAMPアグリツーリズム事業(長野県野沢温泉村)/●日本妖怪博物館ナイトミュージアムと「もののけハロウィンin三次」(広島県三次市)/●「重要文化財・温泉地x地域の食体験」におけるナイトタイムエコノミー創出事業(熊本県山鹿市)/●鹿児島の特性を活かした本格焼酎イベント・コンテンツ創出事業(鹿児島県鹿児島市)/●ヌーヴォー・シルク・ジャパンinお庭の国宝栗林公園(香川県高松市)
01’56”10
本事業を通した報告(Re:Tourism Report) (JNEA 代表理事 齋藤 貴弘)
02’20”00
振り返り、一般視聴者からの質疑応答
(JNEA 代表理事 齋藤 貴弘、理事 梅澤 高明、 理事 永谷 亜矢子)
03’03”25
来年度事業説明
(観光庁 観光地域振興部観光資源課新コンテンツ開発推進室長 中谷 純之氏、
新コンテンツ開発推進室 加藤 慎太郎氏)
03’17”30
閉会挨拶(観光庁 観光地域振興部観光資源課新コンテンツ開発推進室長 中谷 純之 氏)
2021-03-09
GO TO TOP